2011年04月12日

涙が…。

四国滞在ももうすぐ1カ月になろうとしています。
昨日・今日とまた大きな余震が頻繁に起こっているようですね。
ニュースを見るたびに私の心も落ち着きません。

さらに、今あるメールマガジンからの情報が。
やるせなくて、涙が止まりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記のURLは、
1997年、被爆による癌で亡くなった平井憲夫さんという、
数々の原発の配管、現場監督をされていた方の遺言とも言える
告白が記されています。

『原発の実態がどんなものなのか』、
実際に現場で働いた方の視点で詳しく書かれています。

生前、多くの部下の方々を失ったと書かれています。
ご本人が癌を宣告されたとき『死ぬのがとても怖かった』と
記されていますが、亡くなる前に自分ができることを、
と考えたとき、この手記を残すことを決めた、そうです。

平井憲夫さん
1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、
原発被爆労働者センター代表、北陸電力(現・志賀)原発差し止め裁判
原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、
福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
『原発被爆労災者救済センター』は後継者がなく、その後、閉鎖。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html




posted by yukiko at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通りすがりに失礼いたします

平井憲夫氏の文章が、
何年か前に話題になり、結果として本人の物でない可能性が非常に高い物です

この様な事が起きて、現在チェーンメール化しています

福島から転校してきた子どもたちが差別を受けたり
病院での診察拒否をされる様なこういう状況の中です

センセーショナルな情報を乗せるなら
キチンとお調べください

よろしくお願いを致します。

↓とても中立的にこの文章に付いて解説しています。(大丈夫です、変なサイトじゃありません)
http://www.faireal.net/articles/6/12/
Posted by neko at 2011年04月15日 02:29
nekoさん、ご指摘ありがとうございます。
そうですね、今色々なチェーンメールが出回っていますね。

以降、気をつけます。

Posted by yukiko at 2011年04月15日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。